story02-09 of フタガミ家づくり STORY

ー引き継がれる職人の技  営業マンの情熱も支えにー
HOME > story02-09

06.jpg
07.jpg
「待ってました」とばかりに細い木組みの上をいそいそと歩いていく桜ちゃんと奏瑠君。龍さんが、桜ちゃんを抱きかかえてトンカチを持たせてやり、桜ちゃんが「トントン」とおそるおそる、慎重に叩いていく。真剣そのものの表情。奏瑠君も張り切ってトンカチを握るが、どうしても1人でやりたくて、みんな、思わず「危ないって」! 子どもたちが一通りトントンとやった後は、龍さんが丁寧に仕上げ。最後は棟梁の福原さんや現場監督の川村さんも入ってみんなで記念撮影。カメラマンは長谷部さんだ。
 そうして無事に「建前」終了。できあがった骨組みにブルーシートを掛け、後片付けをして帰ろうとする職人さん一人一人に、ここで、谷岡さんご一家からプレゼントが。