story03-11 of フタガミ家づくり STORY

昭和にタイムスリップ?! ドアの向こうは曾ばあちゃん家
HOME > story03-11

11.jpg
 二階には、通りに面して、障子を張り替えなければいけない戸が13枚ある。このごろは二、三年に一度、俊一さんと桃代さんが、二階から戸ごと下ろし、それを下で受けとる方式で障子を張り替えているという。
 「最近は障子紙も売っているところが少なくなって、毎回、高知の専門店まで買いに行ってます。張るのはそれほどやないけど、紙の大きさに合わせて一枚ずつカットするのが大変なんですよ」
 そんな苦労をも楽しそうに話す桃代さん。