採用情報

高い目標に向かってコツコツと

廣瀬 直希

公文 康揮

イエローハット南国店 副店長

平成23年入社/平成5年生まれ

高知農業高校の土木科を卒業し、フタガミに入社しました。
配属は、最初からずっとイエローハット南国店です。
正直、入社する前は、イエローハットはタイヤしか売っていないと思っていたので、いろいろな物を売っていて、勉強することが山ほどあって驚きました。
でも、もともと車が好きだったので勉強することは苦にならず、毎日楽しいです。

入社から3年間はピットスタッフ。ピットの仕事とは、タイヤやオイル交換、ナビやオーディオの取り付け、そして点検などです。先輩方からいろいろ教わり、タイヤやオイル交換は、社内の実技テストを受けて合格してから、初めてお客様の車を触らせてもらいました。
車の知識がある程度身につくと、今度はお客様と会話することが楽しくなり、4年目からは、店内スタッフとして、お客様の接客にあたっています。もともと人見知りで、自分から話しかけることが苦手な性格だったのですが、店長や同僚達は、和気あいあいと、みんな仲が良く、お互いを助け合ってフォローし合う仲間達です。そんな同僚達と接していくうちに、お客様と会話をするのは全く苦にならなくなりました。

今、一番嬉しいことは、お客様から「ありがとう」と言われること。また、そのお客様が家族を紹介してくれると、自分の事を信頼してくれていると感じ、さらに嬉しくなりますね。

主任を経て、入社5年目に、高知県内のイエローハットでは最年少の副店長に昇格しました。
プレッシャーですが、高校の時から高い目標を設定して、それに向かって何をすべきかを考える事が好きなので、大きなチャレンジに自分を奮い立たせています。
そんな日々の中、仕事とプライベートのON/OFFは、車を走らせたり、高校から続けているマラソン。走っていると何も考えずに無になれるので、良い気分転換になります。

今は、責任者としてはまだまだ未熟ですが、副店長とは、店長が休みの時の店の責任者です。
自分の意見をしっかり言え、同僚やお客様に頼られる存在になり、僕を評価してくれた会社に恩返しできるよう日々努力しています。

これから入ってくる後輩たちに言いたいことは、がんばりを見てくれる会社だということ。
やる気があれば希望のポジションにだってなれる。最初は何をやりたいか、わからないかもしれないけど、いろいろな事にチャレンジして見つけていって欲しいですね。